HOME>IR・投資家の皆様へ>代表メッセージ

トップメッセージ

―WSR2(ダブルエスアール・ダブルエスアール)― インバウンド対策の強化、首都圏展開の推進など重点施策の遂行により、経常利益は前年同期に続き最高益を更新。

平素より格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
当第2四半期連結累計期間における当社グループを取り巻く事業環境は、国内市場の伸び悩みから、業態を超えた企業間競争は激化傾向にあります。また、消費マインドは、依然として節約志向が根強いものの、「ハレ・コト消費」傾向の顕著化など、消費の二極化がより鮮明になり、インバウンド動向においては、訪日外国人旅行客数が大幅に伸びている一方で、高額品を中心としたインバウンド需要の減速が見られ始めるなど、消費環境は刻々変化している状況にあります。
このような状況のもと、当社グループは、前年度に掲げた経営スローガン『ワールド サプライジング リゾート宣言(WSR)~世界へ、ありえないほどの驚きの、超感動を提供する~』の更なる推進を図るため、当年度は『WSR2(ダブルエスアール・ダブルエスアール)』を経営スローガンに掲げ、インバウンド対策の強化、海外展開、首都圏でのWSR展開の推進、プレミアム・ギフトスイーツの創造と育成に注力いたしました。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、重点施策遂行の成果及び株式取得により平成28年2月から連結の範囲に含めました株式会社フランセが加わったことなどにより、14,801百万円(前年同期比22.2%増)となりました。利益面では、株式会社フランセの事業の特性による季節的な変動要因によるマイナス影響があった一方、増収効果に加え売上総利益率が前年同期に対し0.8ポイント増加したことなどにより、営業利益は1,452百万円(前年同期比13.4%増)、経常利益は1,471百万円(前年同期比12.7%増)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は、前年同期は、税務上の繰越欠損金にかかる繰延税金資産の追加計上により税金費用が一時的に低かったため、当第2四半期連結累計期間の税金負担が前年同期に比べて増加した結果、862百万円(前年同期比10.7%減)となりました。
なお、通期連結業績予想につきましては、前回公表数字(平成28年5月12日付「平成28年3月期決算短信」)から変更いたしておりません。当第2四半期連結累計期間における業績は、堅調に推移しているものの、下期の事業環境は依然として先行き不透明なため、期初予想を据え置いております。
今後とも、株主の皆様には引き続きご支援、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 河越 誠剛
↑Pagetop
2017年3月期決算説明会 第64期定時株主総会
1分でわかる寿スピリッツ
Get ADOBE READER PDF形式のファイルをご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerはアドビシステム社より無償で提供されています。