喜びを創り喜びを提供する 寿スピリッツ

トップメッセージ

首都圏での展開強化、インバウンド対策として注力している国際線ターミナルの販売強化が奏功し、経常利益は3期連続で最高益を更新!

代表取締役社長 河越 誠剛

平素より格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
当第2四半期連結累計期間における当社グループを取り巻く事業環境は、企業収益や雇用環境の改善を背景に緩やかな景気回復の動きが見られた一方で、個人消費は、依然として低迷した状態が続いております。また、消費者の商品・サービスに対する選別の目が一段と厳しさが増す中、販売競争が激化するなど、引き続き厳しい環境下で推移いたしました。
このような状況の中、当社グループは『WSR2(ダブルエスアール・ダブルエスアール)』の経営スローガンのもと、『超現場主義』を実践テーマに加え、プロフィット部門であります製造ライン、店舗、営業部門における現場中心の経営スタイルに一層磨きをかけ、商品力、販売力・営業力、売場力の更なる向上に努めてまいりました。また、「インバウンド対策の強化」、「海外展開」、「首都圏でのWSR化展開の推進」、「プレミアム・ギフトスイーツの創造と育成」の4つの重点施策に引き続き注力してまいりました。更に、首都圏での経営基盤をより一層強固なものとすべく、平成29年4月1日付で株式会社シュクレイを存続会社とし、株式会社フランセを消滅会社とする吸収合併によるグループ再編を実施いたしました。
これらの取り組みの結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は17,219百万円(前年同期比16.3%増)、営業利益は1,849百万円(前年同期比27.3%増)、経常利益は1,869百万円(前年同期比27.1%増)となりました。また、固定資産売却益の特別利益計上、税務上の繰越欠損金にかかる繰延税金資産の追加計上により税金費用が前年同期に比べ減少した結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,450百万円(前年同期比68.1%増)となりました。
今後とも、株主の皆様には引き続きご支援、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

Page top